引越し業者 神戸 契約書

引越しと見積もり書と契約書

引越し 契約書

 

引越しの際に出される書類には、見積もり書と契約書があります。

 

見積もり書は「この引越し作業でかかると思われる費用の内訳」が記載されており、引越し料金の根拠となるものです。
法的な効力はありません。

 

しかし契約書は違います。
契約書はうっかりサインしてしまうと、契約したとみなされて解約の際にキャンセル料が発生することも有り得る法的効力のあるものなので、ご注意ください。

 

引越し業者に出された書類がどちらなのか、サインをする前にしっかり確認してくださいね。

 

さて引越しの荷物が多い場合は大きなトラックが必要です。
ここで見積もり書で「積み切り」になってないかの確認をしてください。

 

積み切りというのは、トラックに載せられるだけ載せますがもし入りきらなかったものは自分で運んでくださいねということになります。
運ぶ荷物は「全積み」での契約になっていることを確認してくださいね。

 

そもそも荷物がトラックに載らないかも・・・というくらい物が多い方は、訪問見積もりのほうがオススメです。
一度荷物の量を見てもらうことで、どのくらいの大きさのトラックが必要か判断してくれます。

 

最近はマンションに備え付けのエアコンもありますので、引越し業者は依頼がなければそのまま置いて行きます。
アンテナやエアコン、ウォシュレットの移設、不用品の処理などはオプションなので、依頼があった場合のみ行われます。

 

オプションを予定している方は見積もり書に書かれているか確認して、契約書にサインするときにもチェックしてくださいね。